柏市内で街頭遊説

7月29日午前10時〜午後3時過ぎ頃まで、柏市内において、公明党千葉県本部遊説局による街頭遊説を行いました。赤間局長、阿部県会議員他、市会議員4名とともに、原稿無しで突然の振りにめげす、また、暑さにも負けず、さわやかな汗を流しました。
続きを読む >>
| 10:55 | 投稿者 : 関 かつのり |
関かつのり通信NO.9


続きを読む >>
| 14:47 | 投稿者 : 関 かつのり |
関かつのり通信NO.8


続きを読む >>
| 15:47 | 投稿者 : 関 かつのり |
平成27年 6月議会個人質問 関かつのり
発言事項 
1.
(件名)環境・都市行政
(要旨)
(1)我孫子4丁目調整池築造事業について

ア.市の対策工事について
イ.対象降雨と目標設定について
ウ.貯留施設の設置について
エ.調整池築造工事の概要について
オ.調整池のイラストについて
カ.調整池上部の整備概要について
キ.調整池上部の整備の企画案について

答弁を求めるもの
市長
部長

発言事項 
2.
(件名)健康・福祉行政
(要旨)
(1)障害者雇用について
ア. 市内で障害のある方の現状について
イ. 現状と課題について
ウ.障害者就労支援センターの運営体制について
エ. 民間活力の活用について
オ. 受け入れ先企業減少に対する対策について

答弁を求めるもの
市長
部長
続きを読む >>
| 14:20 | 投稿者 : 関 かつのり |
平成27年 3月議会個人質問 関かつのり
発言事項 
1.
(件名)総務・企画行政
(要旨)
(1)東京オリンピック・パラリンピックについて
ア.誘致活動について
イ.推進体制の構築について

答弁を求めるもの
市長
部長

発言事項 
2.
(件名)教育・福祉行政
(要旨)
(1)地域医療介護総合確保基金について
ア. 地域医療介護総合確保基金の活用について
イ. 組織改正について

(2)介護報酬改定について
ア. 介護報酬改定による影響について
イ. 第6期介護保険事業計画(案)の介護保険料について
ウ. 特別養護老人ホームの要介護1、2高齢者の入所について
エ. 要支援者の訪問介護等について

(3)認知症対策について
ア. オレンジプラン等について
イ. 泉南市での認知症ケア推進事業の検討について
ウ. 認知症簡易チェックと認知症普及啓発用パンフレットについて 
エ. 認知症地域支援推進員、認知症初期集中支援チームの設置について

答弁を求めるもの
市長
教育長
部長
続きを読む >>
| 14:11 | 投稿者 : 関 かつのり |
平成26年 9月議会個人質問 関かつのり

発言事項 
1.
(件名)教育行政
(要旨)
(1)図書館の運営について
ア. 市民(NPO法人)との協働運営方式について
イ.ボランティアの運営参加について

(2)読書に親しんでもらう取り組みについて
ア.読書通帳の発行について
イ.ハローブック事業について

(3)課題解決型について
ア.レファレンスサービスについて
イ. レファレンス専門員制度について


答弁を求めるもの
市長
教育長
部長

発言事項 
2.
(件名)福祉行政
(要旨)
(1)こども安心カードについて
ア.アレルギー疾患の有病率の実態について
イ.アレルギー対応について 
ウ.こども安心カードの導入について 


答弁を求めるもの
市長
教育長
部長
続きを読む >>
| 14:37 | 投稿者 : 関 かつのり |
根戸ルートは2便増便!

根戸ルートは2便増便、一部路線は、船戸・台田ルートと重複利用が可能に!
船戸・台田ルートの混雑緩和と根戸ルートの乗客増を目指すため、根戸ルートは、船戸・台田ルートの一部路線(沢藤商店〜郵便局前)を通行し、朝夕2便増便し、15便となります。
続きを読む >>
| 22:04 | 投稿者 : 関 かつのり |
あびバス改正により、船戸・台田 ルートの長年の要望が実現!

第一回我孫子市地域公共交通会議が、7 月18日開催され、あびバス改正案が承認されました。
その内、船戸・台田ルートは、長年に渡り、近隣の方々の要望を市政に届けた結果、新富〜アクアレジデンス間に新たにバス停を2 か所(台田1丁目、シティア)設置することになりました。
今後、事務手続き終了後、10月1日から運行開始予定です。
続きを読む >>
| 21:56 | 投稿者 : 関 かつのり |
関かつのり通信NO.7


続きを読む >>
| 15:53 | 投稿者 : 関 かつのり |
平成26年 6月議会個人質問 一問一答 関かつのり
大綱1.福祉行政 
(1)地域包括ケアシステムの構築について
地域包括ケアシステムの構築のための施策を盛り込んだ医療・介護総合確保推進法案は、すでに本年5月15日、衆議院を通過し、
今国会で成立する見込みであります。3月度の代表質問でも取り上げましたが、非常に重要な法案であるため、再度、個人質問させていただきます
さて、2025年には、わが国の65歳以上の高齢者数は、3,657万人、高齢化率30.3%、75歳以上の高齢者数は、2,179万人、高齢化率18.1%と推計されています。
重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現しなければなりません。
地域包括ケアシステムの構築は、まさに地域づくりであり、まちづくりです。将来的にどのような地域の姿を描くか、どのようにその姿を目指すかは、地域の主体性にゆだねられています。
保険者である市は、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要になります。
そこで質問します。
ア。地域包括ケアシステムの構築のための取り組みをどの様に進めていくのか、市長の方針をお伺いします。

(回答は割愛させて頂きます。)

次に、世帯主が65歳以上の単独世帯や夫婦のみの世帯が増加し、・・・・・・
続きを読む >>
| 14:24 | 投稿者 : 関 かつのり |